コーデテクニックガイド:ダメージデニムの着こなし

ダメージデニムのカジュアル感を抑える着こなし法

ダメージデニムってカジュアルなデニムパンツをさらにクラッシュさせていますよね。

つまり、カジュアルな着こなしになりやすいよう注意ボトムってこと!

今回はこのカジュアルすぎる人気ボトムの着こなしについてご相談がありましたので、着こなしテクをご紹介します!

そもそもアメカジテイストがMAXのダメージデニム。

着こなしのNGとは?

※現在ダメージデニムの取り扱いがないため、デニムスキニーを使って解説いたします!

NGのポイントは

・ボーダーT、スニーカーはカジュアルアイテム

・色使いが多い

・柄物投入でさらにカジュアル

といった感じ。オシャレの教科書を読んだことがある方でしたら分かりますよね(´∀`)

つまりはカジュアルすぎる=童顔で足が短い日本人には似合わない(似合いにくい)スタイルになってしまっています。

※もちろんファッションとしてNGというわけではなく、万人向けではないということをご理解くださいませm(__)m

デニムのカラー(インディゴやネイビーなどのブルー系)は特に存在感が強く、コーディネートの中で良くも悪くも目立ちやすいのが特徴です。

では、どうやってコーディネートすればバランスの良いデニムコーデを作れるのか?

 

モノトーン系無地アイテムでベースを作る

これもオシャレの教科書の基本事項ですが、

・コーディネートはモノトーンを含めた3色以内で作る

これが非常に重要になります。

先程のNG例で言えば、まずスニーカーの『赤』は余分になります。

またカジュアル要素でもあるボーダーはいったんやめておきましょう。

それだけでもかなりシンプルで大人っぽい着こなしに変化するはず。

モノトーン系を使ったコーデ例

タツヤ:181cm/70kg
着用アイテム
5分袖ロングカーディガン 3,480円
ロング丈カットソー 2,980円
デニムスキニー 4,980円
ローファー 5,980円
エディターズバッグ 5,980円
ウール混ハット 2,980円
 TOTAL 26,380円

デニムカラー(膨張色)をしっかり引き締めてくれるブラックの使い方がポイントです。

ローファーはくるぶし丈にロールした足元をよりスッキリ見せてくれますし、カーディガンはホワイトのカットソーと重ねることで大人っぽく上品な着こなしに。

モノトーンのシンプルなコーデをドレスダウンするのにダメージデニムを加えるというのが分かりやすい使い方ですね!

 

小物をプラスして着こなしの印象を変える

色の合わせはもちろん重要ですが、素材のイメージによって大人っぽい印象を作ることも可能です。

レザーや光沢のあるシャツなどは特にオススメです。

また腕時計などはカジュアルなものではなくクラシカルでシンプルなデザインであった方がコーデは大人っぽい印象となります。

大人な小物を取り入れたコーデ例

タツヤ:181cm/70kg
着用アイテム
BIGシルエットシャツ 参考商品
デニムスキニー 4,980円
ローファー 5,980円
トートバッグ 5,980円
腕時計 4,980円
 TOTAL 21,920円

こちらはトレンドのBIGシルエットシャツを使ったコーディネートです。

先程のコーデと同じくモノトーン(ブラック)を合わせてコーディネートしている点はポイントですが、ここで注目したいのは小物の使い方です。

レザー(PUでもOK)やきれいめデザインの腕時計などをプラスすることで大人っぽさを演出しています。

少しカジュアルかな・・・というときは小物を加えることでバランスがアップしますよ♪

◆大人感引き立つオススメ小物

 ブレスレット  バッグ
 ◆本革ブレスレット  ◆クラッチバッグ
 バッグ  腕時計
 ◆PUレザートートバッグ  ◆腕時計

 

手っ取り早く『キレイめデザイン』を合わせる!

色・素材に次いで紹介するのがデザイン!

キレイ目要素のアイテムを使うのですが、ドレス(スーツに近いアイテム)を使うことでバランスをとりましょう。

キレイめデザインを取り入れたコーデ例

ジーンズのジャケパンコーデ
着用アイテム
薄手ジャケット 3,480円
ロング丈Tシャツ 2,980円
デニムスキニー 4,980円
コインローファー 5,980円
リングネックレス 1,980円
TOTAL 19,400円

今回合わせているのはテーラードジャケット。

もちろん夏は薄手のものや麻混である方がGOOD!

他にもシャツを合わせたり、カーディガンでドレスアップするのもオススメです。

◆ダメージデニムをドレスアップするアイテム

ジャケット セットカットソー
 ◆麻混テーラードジャケット  ◆麻混7分袖シャツ(ボーダーTセット)
シャツ カーディガン
 ◆ポロシャツ  ◆ロングカーディガン

 

シューズ選びで印象は大きく変わる!

最後にシューズの選び方です。

「オシャレは足元から」なんて名言もありますが、実際に足元の印象はコーデの印象を大きく左右します。

全体のバランスを考慮してシューズを選びましょう!

キレイ目シューズを取り入れたコーデ例

着用アイテム
BIGシルエットT 2,980円
デニムスキニー 4,980円
キャンバスシューズ 5,980円
トートバッグ 5,980円
TOTAL 19,920円

ドレスシューズをプラスすることでデニムの印象はグッと大人っぽくなります。

カラーはやはりブラックがオススメです。どんなデニムであっても合わせやすくなります!

またこれからの季節はデニムは細身でロールアップがオススメです。

そうすることでシューズとの間に足首が見え、細い部分を強調することでシルエットをキレイに見せることもできます。

 

◆オススメのドレスシューズ

シューズ シューズ
 ◆キャンバスシューズ  ◆ローファー
シューズ シューズ
 ◆バブーシュ ◆オペラシューズ

 

こうすることでダメージジーンズのカジュアル要素を押えた着こなしが可能になります!

ポイントは『いかにカジュアルな印象を他のアイテムで抑えるか』ということです。

しっかり他のアイテムを使いこなしてオシャレなダメージデニムコーデを実践しましょう!

 

オシャレな人には共通点がある
これはオシャレの教科書

たった2つのルールを守るだけで周りの人から「オシャレだね」って言われます。

Dコレのデザインしてみませんか?
Webデザイナー募集中!

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?