黒とネイビーどっちも欲しい!という人にオススメするニット

黒のポジショニングと競合するネイビーの性質とは!?

皆さんは黒とネイビーどっちが好きですか?

この2色って結構迷いやすい色なんですよねぇ。

バイヤー業をしているとしょっちゅうそんな場面に出くわします。「ブラックか!?ネイビーか!?どっちを多くする!?」とか。

色の属性でいうとモノトーンと有彩色で違う種類になるんですけどね。

でも迷いやすいのは確かであって、それにはちゃんとした理由があるんです。

今日はその理由と、迷った人にオススメのニットを紹介します。

 

有彩色の中でもキレイめ寄りなネイビー

・黒は無彩色(モノトーン)
・ネイビーは有彩色

黒とネイビーは色の属性が異なります。

なのにどうしてこの2色はいつも天秤にかけられるのか?

まずネイビーの特徴を見てみましょう。
・鮮やかさを表す彩度⇒低い
・明るさを表す明度⇒低い

次にネイビーの印象を見てみましょう。
・大人っぽい印象(スーツにも使える)
・清潔感がある印象

この様に、ネイビーは『清潔感がある』を除いて黒に限りなく近い性質を持っています。

ビジネスシーンで使われてる有彩色のスーツってネイビーだけのはず。

ベージュってのもありますが、商談の時にベージュのスーツを着てく人ってまぁいませんよね?

ネイビーは一般的にキレイめで清潔感のある色だと認識されています。

カジュアル属性となる有彩色の中でこんな性質を持っているのは恐らくネイビーだけでしょう。

だから迷うんですよね!

ちなみに30代以上の男性が積極的に取り入れるべき有彩色はネイビーです。

 

コーディネートの合わせ方が似てくるから迷う

下の画像をご覧ください。

それぞれ黒とネイビー2色展開のアイテムです。

隣同士のアウターを入れ替えてみても全然支障はありません。

要はどっちの色でもOKということになりますよね。

つまり、黒とネイビーのコーディネートって自然と似てくるんですよね。

どっちも合わせやすいので買う時に迷う方もいらっしゃるはず。

売れ行きを見ているとキレイめなロングコートはネイビー、カジュアルなコーチジャケットはブラックという選択をされる方が多いですね!

 

限りなく黒に近いネイビーがあれば黒は不要!

 

現在Wakuwakulandでトップクラスに売れているこちらのニット。

色展開を決める際、迷った末にネイビーを採用しています。

ただ、普通のネイビーではございません。

ネイビーとしても黒としても使えるポジションに位置するダークなネイビーを採用しています。

下の画像は上記のネイビー(ダークな)と別のニットのブラックを並べたものです。

左側がネイビー(ダークな)なのですが、完全に黒のポジションに割り込んでいます。

まさしくネイビーと黒のハイブリッドです!

ネイビーと黒を競合させることなく、上手くひとつにまとめたわけですね。

「ブラックか!?ネイビーか!?」で迷わないニットを是非お試しください♪


畦編みBIGシルエットニット 3,980円

 

 


Wakuwakulandバイヤー タカシ

【毎月3,980円でオシャレになれる】
バイヤー厳選アイテムを毎月お届け!
毎号組み合わせればどんどんオシャレになります。
▶Dコレ定期おしゃれ便

【私達の”思い”】
Dコレがお客様に提供する価値とは?
初見の方は是非ご覧ください!
#番外編 オシャレの教科書

【WEARやってます】
フォローお願いします!!
コメント頂ければ必ず返信します^^

【バイヤーマガジン】
独自の視点でオシャレを語ります。
▶バイヤーマガジン バックナンバー

 

 

 

オシャレな人には共通点がある
これはオシャレの教科書

たった2つのルールを守るだけで周りの人から「オシャレだね」って言われます。

社員もバイトも募集中!
Dコレで一緒に働きませんか?

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?