2018年は何が流行るんだろう? いや、何を流行らせようか?

市場の流れに左右されないためには独自の提案力が必要

Wakuwakulandバイヤー兼モデルのタカシです。僕たちはオシャレの教科書®をもとに皆さまの悩みを解決し、オシャレになるお手伝いをしています。

もうすっかり師走です。 メンズファッションの2017年は何が流行った?

取りあえずざっと挙げてみよう。

・BIGシルエット
・ワイドパンツ
・スーツ地のパンツ
・スポーツストリート系
・スウェット
・MA-1
・コーチジャケット
・チェスターコート
・ライダースJKT
・オープンカラーシャツ
・ガチャベルト
・グレンチェック
・ドクター〇―チン
・ダニエル〇ェリントン
など

ざっと挙げただけでもこんなにありますね。

Wakuwakulandでは流行のものを提案しつつ、独自の提案もしっかりと織り交ぜています。

例えば、ロング丈のカットソーを取り入れた「縦のレイヤード」なんかはもはやWakuwakulandの象徴的なスタイルとなっています!


長袖ロング丈Tシャツ 2,980円

長袖・半袖・タンクのロング丈シリーズ累計販売数は国内トップクラスのお店だと自負しています。

 

特にチェスター、畦編みニット、黒スキニー、縦のレイヤード、スヌードを取り入れたコーディネートが多くのお客様から支持されています。

今年はニットが不調だなんてメーカー各社首を揃えて言っていますが、全然そんなことはない!

他にはない独自の提案ができていれば市場の影響はそれほど受けないものです。(流行り廃りはありますが)

ネットがこれだけ普及してきた今、”何を流行らせるか”といった意気込みで提案していかなければあっという間に沙汰されてしまいます。

他店と同じモノを同じように売っているだけではいけません。

ちなみにWakuwakulandの人気絶好調ニットはこちら↓

 

次は何を流行らせようか?

2018年 Wakuwakulandはどんなコーディネートや着こなしを提案していくか。

既に春夏・秋冬のイメージは出来上がっています。今日はその中で一つだけ例を挙げましょう。

 

Dコレバイヤーはモックネックに注目している!

モックネックをご存知だろうか?
タートルネックでもない、クルーネックでもない。

モックとは「偽の、みせかけの」という意味。
タートルネックの様に折り返さない、みせかけのタートルネックがモックネックなのです。

アップで見るとこんな感じ↓

 

おすすめコーデを見てみよう。

モックネックやタートルネックは首元にボリュームを与え、肌の露出が減るので大人っぽく上品な印象になるという効果があります。

首にまとわりつかないのでタートルネックが苦手だという人にもおすすめですし、なによりオシャレ初心者でも取り入れ易いのがポイント。

ホワイトのモックネックを重ね着するとこんな感じに↓

お気付きだろうか?
これまで下だけの縦のレイヤードだったのが、上下縦のレイヤードとなっていることに。

配色は同じ色を縦のラインで配置するのが最もバランスが良いとされます。

ロング丈のモックネックであれば縦の配色が1発で決まるというわけ。ホワイトが最も使いやすい!


モックネックBIGT 2,980円

コーディネートが今までとちょっと違った雰囲気に仕上がりますよ。
一足早く取り入れたいぜ!という方は是非。

 

秋冬はモックネックニットの提案もお楽しみに♪

 

 


Wakuwakulandバイヤー タカシ

【毎月3,980円でオシャレになれる】
バイヤー厳選アイテムを毎月お届け!
毎号組み合わせればどんどんオシャレになります。
▶Dコレ定期おしゃれ便

【私達の”思い”】
Dコレがお客様に提供する価値とは?
初見の方は是非ご覧ください!
#番外編 オシャレの教科書

【WEARやってます】
フォローお願いします!!
コメント頂ければ必ず返信します^^

【バイヤーマガジン】
独自の視点でオシャレを語ります。
▶バイヤーマガジン バックナンバー