【STAFF私服】番外編!STAFF私物を大公開~ニッチのメガネコレクション~

ニッチ
先週末の大寒波で、Dコレのある福井県は7年ぶりの大雪に見舞われました。。。アッチコッチで車が雪にハマってさぁ大変!

▲吹雪の中、パーカーで雪掻きするもっさん▲

【金曜更新】スタッフの学生時代暴露してみた④

2018.01.12
ニッチ
1/12の金曜連載は、ボクたちの学生時代の暴露話からのまさかの大雪ネタ。そして完全にネタ要因と化した、ハイボール大好き・もっさん。まだご覧になっていない方は是非!
ニッチ
さて、本日は番外編として、DコレSTAFFの私物をご紹介!今回はボクの私物をご紹介します!

ニッチ=メガネ(伊達!!!?)

ニッチ
現在所持しているメガネの数は合計35本あるのですが、そのうち9割は伊達メガネ!!今日はコレクションの中から、Viktor & Rolf』というブランドをご紹介します。

Viktor & Rolf(ヴィクター&ロルフ)
ヴィクター・ホスティンとロルフ・スノランによるデザイナーデュオによって創設されたオランダのファッションブランド。

 

ニッチ
Viktor & Rolfは、昔キムタクが着用したことで爆発的に人気になった時期がありましたね。Viktor & Rolfのメガネだけでも複数あるので、良く身に着けるメガネに絞ってご紹介します。

Viktor & Rolf メガネ№1

ニッチ
定番の「ウェリントン型」というタイプのメガネです。一見オーソドックスな黒縁のメガネに見えますが、さり気なく柄が入っています。主張のそれほど強くない柄なので、どのようなコーディネートにも合わせやすいです。ちなみにこのメガネは、プライベートではよく着用しますが、Dコレではまだ一度も着用していません。

Viktor & Rolf メガネ№2

ニッチ
№1と同じく「ウェリントン型」ですが、№1とはまた違った印象の柄物メガネです。世間ではこのような柄を「べっ甲柄」と呼ぶことが多いですが、メガネ業界の人間は「デミ柄」と呼んでいます。(デミ柄=滲んだように見える柄の総称)

◆ウェリントン型
正方形に近い角形のメガネで、メガネのデザインの定番です。どのような顔の形でも合わせやすい形で、特に面長の方におススメです。

特に似合う顔の形:面長の人

 

Viktor & Rolf メガネ№3

 

ニッチ
人気急上昇中の「ラウンド型」のメガネです。

極端に大きくもなく小さくもない玉型が魅力です。コーディネートに“こなれ感”をプラスすることができます。

 

◆ラウンド型
正円に近い丸型のメガネです。ボストン型と同様に、トレンド感のあるレトロクラシックなデザインのメガネです。(別名:ロイド型)

特に似合う顔の形:逆三角形顔の人・面長の人

Viktor & Rolf メガネ№4

 

ニッチ

№2のメガネと同様デミ柄のメガネですが、コチラは「ボストン型」というタイプのクラシックなメガネです。こんな感じのメガネは、最近は雑貨屋さんとかでもよく見かけるようになりましたね。個人的には小ぶりなデザインの方が、全体のバランスが取りやすいと思います。

ただし、顔に対してメガネが小さすぎると、錯視効果で顔が大きく見えてしまうので注意です。

◆ボストン型
丸みを帯びた逆三角形のメガネです。クラシックなメガネが人気の昨今、トレンド感のある印象になります。

特に似合う顔の形:逆三角形顔の人・四角顔の人

Viktor & Rolf メガネ№5

ニッチ

何型かどうかは断言できない形のメガネですね。とにかく色柄が可愛すぎて一目惚れ。差し色のブルーが鮮やかです!今日ご紹介のメガネの中で一番のお気に入りですね。

 面白い連載があったらアンケートで人気投票しよう!!

今ならDコレで使えるポイントもGETできますよ♪

今日ご紹介したメガネは、まだまだほんの一部です。
機会があれば別のメガネをご紹介したいと思います!

オススメのメガネもまだまだありますよ~(≧∇≦)

オシャレな人には共通点がある
これはオシャレの教科書

たった2つのルールを守るだけで周りの人から「オシャレだね」って言われます。

Dコレのデザインしてみませんか?
Webデザイナー募集中!

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?