【スーツでイメージ戦略!?】色合わせによる印象と効果とは? vol.1

皆さんこんにちは!Wakuwakulandスタッフのぐっさんです。

今回はアンケートでご要望いただきました「スーツ、ワイシャツ、ネクタイの色合わせによる印象変化」についてお話していきます(*´∀`*)

第42回目のテーマは『スーツの色合わせによる印象と効果』

学生さんや働いている会社によってはいつも私服です!って方も多いと思うのですが、社会人になるとスーツを着て仕事をしている方も多いですよね!( ‘ω’)

私服ならいろいろなデザインのアウターやトップスやボトムスを合わせることができるので、コーディネートの幅がものすごく広くいろいろなファッションが楽しめます。

一方、ビジネスシーンでのスーツスタイルは「スーツ・ワイシャツ・ネクタイ」と使用するアイテムが決まっている為、色で変化をつけることしかできません。

でも、これって逆を言うと「色によって印象が変わる」ということなんです。

スーツの色合わせは結構大事!!

とはいっても、色でそんなに印象変わらないでしょ…

そんな風に思っていませんか?スーツの色合わせについてこんな話があるんです(ΦωΦ)

色合わせを侮ってはいけない!?

今から50年以上前の1960年、ベテラン議員(当時副大統領)のニクソンさんと若手議員のケネディさんのアメリカ大統領選挙がありました。

この選挙で若手のケネディさんが勝利して大統領になったのですが、その選挙のときにケネディーさんはカラーコンサルティングを取り入れていたそうです。

当時のテレビは白黒のテレビ。こちらの2枚の画像は大統領選挙時の画像ではありませんが、選挙中はこんな感じだったらしいです( ‘ω’)

出典:

グレーのスーツに白シャツを合わせたニクソンさん。

出典:

濃いネイビーのスーツに白シャツを合わせたケネディーさん。

2人を見比べてみると、ニクソンさんのスーツスタイルはコントラストがなく、優しく落ち着いた感じに見えます。一方、ケネディーさんはコントラストがハッキリとしており、キリッと力強く若々しく見えます。

「大統領選挙」というリーダーを決める場合には、「優しいイメージ」よりも「リーダーシップを感じさせる力強さ」が大事。

ケネディーさんは「若くリーダーシップがある人」というイメージを視覚的に与え、イメージ戦略をしていたんです(*’ω’*)

現アメリカ大統領のドナルド・トランプさんも、「ネイビーのスーツに白シャツ、そして赤のネクタイ」といったスーツスタイルをよく見かけますね。

 

さん(@realdonaldtrump)がシェアした投稿 –

 

さん(@realdonaldtrump)がシェアした投稿 –

『スーツの色』が与える心理効果

スーツスタイルでもっとも多くの部分を占めるスーツの色は、コーデ全体のイメージに大きく関わってきます。

スーツは、以前連載ブログでお話したベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーでいう「ベースカラー」になります( ‘ω’)

アソートカラーがシャツ、アクセントカラーがネクタイですね!

※ベースカラーなどについて詳しく知りたい方は、こちらのブログをどうぞ♪

配色テクニックでオシャレにvol.2~カラーコーディネートの黄金比~

2017.09.06

スーツだけではなくシャツやネクタイなどの色によっても印象は変わってきますが、まず最初に「定番のスーツカラー」と、その色が与えるイメージについてお話していきますね( ´◡` )

ネイビー(紺色)のスーツ

出典:

【与える心理効果】
誠実さ・知的さ・若々しさ

【おすすめなビジネスシーン】
商談・プレゼン・スピーチなど

制服などでも使われることが多いネイビーは、誠実さや知的さを与えてくれるカラー。大事な商談やプレゼンやスピーチなど、相手を説得させたりする場にオススメです( ‘ω’)

グレーのスーツ

出典:

【与える心理効果】
上品さ・落ち着き・優しい印象

  • 明るいグレー → カジュアルさがでて華やかな印象
  • 暗いグレー → 落ち着いた大人な印象

【おすすめなビジネスシーン】
パーティー・会食など

無彩色のグレーはフォーマルなシーンでも対応できるカラー。また、主張性が強くなく優しい印象を与えてくれるため、協調性がある印象も与えてくれます。

華やかさが欲しいパーティーでは明るめのグレーのスーツを、役職の方との会食では落ち着いて見える暗いグレーのスーツを選んでみてはいかがでしょうか( ‘ω’)

ブラック(黒)のスーツ

出典:

【与える心理効果】
男らしさ・クール・洗練された印象

【注意が必要なビジネスシーン】
会議などでコミュニケーションを取りたい時

ブラックのスーツは「礼服」を連想させてしまいやすい色。特に無地のブラックスーツはフォーマル感が強くなりがちなので、ピンストライプなどさりげなく柄が入っているものを選ぶのがオススメですよ( ‘ω’)

ピンストライプ例 ▼

出典:

また、ブラックのスーツはキリッとクールにかっこよく見せてくれますが、ブラックはボスキャラとか悪役などでよく使われる色でもあります。

「権力」や「支配」を表し威圧感を与えやすい色でもあるので、チーム内で意見を出し合うなどコミュニケーションが必要な場では注意が必要な色ですね!( ゚д゚ )

『ネクタイの色』が与える心理効果

スーツスタイルでアクセントカラーになるネクタイは、合わせる色で控えめなカラーが多いスーツスタイルを華やかに見せてくれます。

レッド(赤)系のネクタイ

出典:

【与える心理効果】
情熱・意志の強さ

主張性が強くパッと目を引く赤は、落ち着いた色合いのスーツにコントラストをつけ華やかに見せてくれます。

情熱や意志の強さ、闘志を感じさせるので、面接でこの会社でこういうことをやっていきたい!とか、企画などのプレゼンでアツく語りたい方に、その熱意を相手に伝えやすい色ですね!( ‘ω’)

先ほど大統領選挙でお話した通り、リーダーシップを取りたい方にオススメな色です(*’ω’*)

ピンク系のネクタイ

出典:

【与える心理効果】
可愛らしさ・優しい印象

ピンクは女性的なイメージを持つ可愛らしい色。周りから可愛がられやすく、愛されキャラを演出したい人にピッタリです。

また、強面だったり厳つい印象を和らげたい方にもオススメですよ( ‘ω’)

イエロー(黄)系のネクタイ

出典:

【与える心理効果】
明るくポジティブな印象

黄色は有彩色の中でも明るい色。光の明るさや元気なひまわりといった連想をさせるので、ポジティブな印象を与えてくれます。

イエローは「ブラックスーツ」と合わせるときには要注意!

黒と黄色の組み合わせは、道路標識や警察の立ち入り禁止のテープなどで使われる警告を連想させるカラー。

どぎついイエローのネクタイと真っ黒のスーツはコントラストが強すぎるため、ビジネスシーンでは控える方が無難。もしブラックスーツにイエローのネクタイを取り入れるなら、淡い色のイエローや柄物で取り入れるのがオススメですよ♪( ‘ω’)

またオレンジ系を選べば、親近感や暖かさを与えることができます。

ブルー系のネクタイ

出典:

【与える心理効果】
信頼感・冷静さ

水や空を連想させ涼し気な印象を与えるブルー系のカラーは、冷静な印象を与えてくれます。信頼感を感じさせる色なので、大事な商談の時や会議の時にオススメです!( ‘ω’)

グリーン系のネクタイ

出典:

【与える心理効果】
調和・やすらぎ・穏やかさ

自然を連想させるグリーンはやすらぎや穏やかさを与えてくれる色。

カーキのように暗くくすんだ色なら落ち着いた印象を、新緑をイメージさせるフレッシュなグリーンなら、若々しいイメージを与えることができます。

ブラウン系のネクタイ

出典:

【与える心理効果】
落ち着き・安心感

ブラウンも木や大地といった自然を連想させる色なので、安心感を与えてくれます。

落ち着いて見えるグレーのスーツにブラウンを合わせるときは、落ち着きさが増して見えやすいです。ある程度年を重ねた方は渋くかっこよく見えますが、若い人は地味に見えやすいため注意しましょう( ‘ω’)

『シャツの色』が与える心理効果

スーツスタイルでアソートカラーになるシャツは、スーツとネクタイを馴染ませたり、場合によってはネクタイのカラーを引き立たせたりします。

有彩色のシャツを合わせるなら基本的には淡い色のシャツを合わせるようにすると、色合わせで失敗することが少ないですよ( ´◡` )

白シャツ

出典:

【与える心理効果】
清潔感・明るい

最もベーシックなのが白シャツ。特にネイビーや黒など暗い色のスーツと合わせることでコントラストを出すことができます。

他にも白は清潔感があるだけでなく、レフ版の効果もあるため顔を明るく見せてくれます。落ち着いた色が多いスーツスタイルにピッタリな、最も定番なカラーです(*´∀`*)

ブルー系(寒色系)のシャツ

出典:

【与える心理効果】
信頼感・冷静さ

ネクタイと同様、ブルー系は冷静さや信頼感を与えてくれます。またシャツでブルーを取り入れることで爽やかさがグッと増します。

ピンク・イエロー系(暖色系)のシャツ

出典:

【与える心理効果】
可愛らしさ・優しさ

淡いピンクやイエロー系のカラーは、可愛らしい印象を与えてくれます。フンワリと優しい色なのでキツイ印象を与えません。カッチリした印象をあまり持ちたくないときにもオススメな色です( ‘ω’)

 

後はこれらのカラーアイテムをどう組み合わせていくかですね!(・∀・)

次回は、スーツの色合わせについてお話していこうと思いますので、ぜひお楽しみに(*´∀`*)

※ ※ ※

定番の色の「スーツ」と「ネクタイ」と「シャツ」の色と心理効果についてお話しましたが、いかがでしたか?( ´◡` )

ビジネスマンにとってプレゼンや商談といった、勝負時ってあると思います。そんな時に色が与える心理効果を取り入れて、自分のイメージを外見で演出してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した内容が、スーツを着るときの参考になりましたら嬉しく思います。

最後に

〒 連載への自由なコメントお待ちしてます

連載メンバーにやってほしいこと聞きたいこと、なんでもOK!私たちは読者様とガチで向き合い、皆様のご要望にお応えします。

ぜひ週間連載改善のために1分で完了するアンケートにご協力ください_(._.)_そして一緒に面白い連載コンテンツを作り上げていきましょう!

ぐっさん

先週末、しなっと親知らずを抜きました( ゚д゚ )

周りの話から怖い印象しかなかったけど、なんかサッと抜かれてあっけなかったです…

痛みもなくてよかったε-(´∀`*)ホッ