【モテ服Vol.30】そもそも“ダサい服”ってなんだ?なんでダサいとモテないの?

 

メンズファッションDコレクション

 

こんにちは!

5月29日更新のモテ服コラムは「ダサい服がもたらす影響」についてです。

それでは今週のモテ服コラム、スタート♡

 

「ダサい服」とは?

ダサい、という言葉にはほとんどの人が敏感なはず。だって他人からダサいって極力思われたくないですもんね。

モテ服でも「ダサい」と思われる要素があります。あまりマイナス要素のお話はしたくないのですが、今回はマイチが日頃から思っている「ダサい服」についての思いを綴る回にします。

 

清潔感がない

    □チェックリスト

  • 服がヨレヨレ
  • 服が汚れている
  • 服からあまりいい匂いではないニオイがする
マイチ
どんなに大切にしている服でも、どんな一張羅でも、清潔感のない見た目ではそれは「ダサい服」になってしまいます!

昨日洗濯した服だとしても、ヨレヨレでは洗濯したことが伝わらないんです…(T_T)

ヨレヨレになったり、汚れたりするのは当たり前のこと。それを放っておくことが一番のダサいポイントになることをお忘れなく!

 

垢抜けない

    □チェックリスト

  • 子供っぽい
  • 自信がなさそう
マイチ
メンズ服でよくみかける垢抜けない状態は「子供っぽい、カジュアルな服装」です。

もしあなたが自分の性格に自信があったとしても、カジュアル度が高すぎる子供っぽい服装なだけで「あ、この人頼りになりそう♡」という雰囲気を消し去ってしまう可能性があります!

逆に「自分は自信を持てないんだ…」という人が子供っぽい服装だと、頼りなさの相乗効果で大変なことに(`;ω;´)

 

垢抜けってどういうこと?という方はこちらをご覧くださいませ。

【モテ服Vol.22】春は ” 垢抜けメンズ ” で好印象を狙える?!

2018.04.03

 

野暮ったい

    □チェックリスト

  • 配色がごちゃついている
  • サイズ感が変でシルエットにメリハリがない
  • 足し算ばかりの服装
マイチ
垢抜けない雰囲気と似ているんですが、本人におしゃれをするつもりがあっても野暮ったい場合があります。

野暮ったいというのは、わかりやすく言うと「メリハリや抑揚がないのっぺりした状態」ということです。「垢抜けない」と同義ですが、おしゃれの意欲によって状態が変わるのであえて分けてお話しています。

「アクセント」というつもりでも多すぎる色使いや、配色がちゃんとしていてもシルエットの「細い・太い」のバランスがはっきりしていない着こなしはもれなく野暮ったいですね(*_*)

つまり「あれもこれも…」と盛り込む足し算コーデの傾向にある人は要注意!

 

*ダサい服まとめ

「ダサい服」というのは、流行を取り入れていないことや、服のデザインのせいにはならないのです。その身なりを選んでいるのは自分自身ということ。

よく「◯◯な服を着ているメンズはダサくて嫌!」という話をみかけますが、その理由のほとんどが上記3つにあてはまるはずです。

モテ服を意識するのであれば、この3つにならない着こなしを心がけましょう!

 

服はコミュニケーションの一環

ダサい服がどうしてだめなのか。好みだけの話ならダサかろうがなんでもいいはず。

服のダサさを紐解くと、そこには「コミュニケーション」という概念が現れてきます。服を使って演出するあなたの「第一印象」そのものが、最初のコミュニケーションになるんです。

マイチ
ダサい服を着ているということは、対面するのにコミュニケーションを放棄しているのに等しい!

どういうことなのか、項目にわけてお話しますね♡

 

見た目重視はチャラい?

見た目のことばかり気にしている男って、中身がないチャラいヤツだなんてイメージもあります。

服装の話ばかりされると「そんなの、見た目重視の派手好き人間の趣味だ」みたいに思う人もいるかもしれません。自分は中身で勝負したいのだと。

それなら、なおさら見た目に気を配るべきだと思います。その中身こそ、見た目に反映されていくというのは、言わずもがなですよね^^

マイチ
これを逆手にとれば、あなたが緊張して多くを語れなかったとしても、整った見た目でデートに来てくれたことだけで人柄や気持ちは伝わるものです♡

 

初対面での情報源は◯◯

有名な。この法則によると、相手の印象のうち視覚の情報が55%を占めると言われています!

※出典:

初対面の際にあなたを印象付けるのは、おもしろい話よりも、イケボであることよりも、「見た目」というわけ。

先ほど中身が見た目に出るという話をしましたが、あなたが伝えたい「中身」というものは嫌でも重要な情報として最初に伝わってしまうと言えます!

マイチ
じっくり話をして、自分の内面をわかってもらえるようにがんばろう!って思うのもとてもよくわかりますが、見た目に気を配ることにまず集中することが、実は効率よく好印象を与える方法なのです(^O^)

 

「身だしなみ」という言葉

身だしなみを整えるってよく聞きますが、「整った格好をすること」くらいの認識ですよね?マイチは最初そう思ってました(笑) でも本来の意味は「人に不快感を与えないように、言動や服装を整えること。」なんです。

※出典:

なんのための身だしなみか、って言うところがミソ。身だしなみという言葉には「相手への気配り」という意味が込められているのです!

女性はデートの時におめかしして来ますよね?これって自分を可愛く見せることで気分が良くなるだけでなく、「可愛いって思ってもらえるといいな…♡」という相手の満足への配慮も含まれていること、知っていましたか?

マイチ
これがまさしく身だしなみ。自分のためだけにオシャレをするのではないと思うと、ちょっとやる気出てきませんか?^^

 

オシャレを「鍛える」

見た目のコミュニケーションを通じて、あなたという人柄を伝えることができることがわかりました。

そのための方法は?マイチ的には「疑問を持つ」「論理を学ぶ」この2つが重要だと思います!

なぜこれはオシャレで好印象なんだろう?と考えることで服装の細部にまで興味を持つことができます。Dコレのようなオシャレの解説ブログなどを読んで、オシャレのことが論理的にわかるようになります。

こうしてあなたのオシャレは「鍛えていく」ことができるんです。

マイチ
もともと感覚的に捉えるのが得意な人がいるだけで、オシャレは生まれ持ってのセンスではないですよ♡

 

本日のまとめ

マイチ
今回はちょっと真面目なお話でした!華やかに着飾ることができるか、オーラがあるかないか、のような単純な見た目だけの問題が「イケてる・ダサい」ではないということ。そしてオシャレの論理を知ることで、誰でもダサい服から脱却することができるということを改めて知ってもらいたいです♡

見た目がコミュニケーションの一環というお話もしました。女性と話すのが苦手だという人でも、見た目がきちんと整っている人ならそれだけであなたの人柄は伝わります。

モテ服の目的を「オシャレでカッコよく見られること」ではなく「好感を持ってもらえること」と置き換えるだけで、きっとオシャレへのハードルは下がるしあなたの魅力が引き出されると思います!

 

今週のモテ服コラムはここまで。また来週♡

 

〒 火曜連載へのコメントお待ちしてます

モテ服連載の感想、質問、相談などありましたらマイチ宛てにどうぞ(*‘ω‘ *)