白のオープンカラーシャツを学生っぽくならずに着こなすコツ

Wakuwakulandバイヤー兼モデルのタカシです。僕たちはオシャレの教科書®をもとに皆さまの悩みを解決し、オシャレになるお手伝いをしています。

白のオープンカラーシャツを爽やかに着こなせ

今年は空前のオープンカラーシャツブームの真っ只中ですね!

このブームは2019年も継続することでしょう。

 

オープンカラーシャツの別名は開襟シャツです。

白の開襟シャツといえば、夏の学生服というイメージがありませんか?

白といえば爽やかで清潔感のあるカラーです。なので本来シャツといえば白が1番人気のカラーとなります。

なのに「白のオープンカラーシャツは学生っぽく見える…」という懸念材料があるのでオープンカラーシャツに関してはどうしても白を避ける傾向があるようです。

そりゃね、白のオープンカラーシャツでこんなコーディネートをしたら学生にも見えますよ。。

黒のスラックスに黒の革靴をあわせたらいくら30歳オーバーでもこの通り。

シルエットが今風でちょっとオシャレ間漂う学生になれますよ。ええ。

そんな不遇な扱いの白のオープンカラーを救うべく、今日は学生っぽく見えずに白のオープンカラーシャツをオシャレに着こなすコツを教えます!

 

学生っぽくならないためにはイメージさせないこと!

もう一度学生っぽいコーデをみてみましょう。

このコーデがなぜ学生っぽく見えてしまうかというと、全身学生をイメージさせるアイテムで固められているからです!

黒のスラックスはいくらテーパードシルエットになっているとはいえ、この組み合わせでは学生ズボンにしか見えません。

黒の革靴も同じくこのコーデに合わせてしまうことで学生のイメージを加速させてしまっていますね。

学生っぽく見えなくするのはいたって簡単。

『学生っぽいイメージのものを合わせない!』 です。

学生服はフォーマルな服装なので、その逆のカジュアルなアイテムを合わせればOKということですね♪

 

それではコーディネート例を見てみましょう。

デニムパンツとスニーカーを合わせれば学生のイメージを払拭できます。

さらにスキニーパンツは学生っぽいイメージなんてないですよね。

リュックはどうなんだろ?

高校だとカバンが自由な校則もあるけど…でもまぁ学生をイメージさせるアイテムではないですよ。

 

次にベージュのワイドパンツで学生のイメージを払拭。

さらにサコッシュ投入で普段着感をプラス。このコーデであれば黒の革靴でもOKですね♪

サコッシュで登校する強者はいないでしょう。たぶん…

 

いかがでしたか?なんでもかんでも黒のパンツを合わせればOKというわけではありません。

イメージというのがどうしても付きまとうのでその辺意識してコーディネートしてみましょう。

この夏白のオープンカラーシャツを買ったはいいけど「あれ?なんか学生…え?」とタンスの肥やしになっている人の助けになれば幸いです。

 


Wakuwakulandバイヤー タカシ

【毎月3,980円でオシャレになれる】
バイヤー厳選アイテムを毎月お届け!
毎号組み合わせればどんどんオシャレになります。
▶Dコレ定期おしゃれ便

【私達の”思い”】
Dコレがお客様に提供する価値とは?
初見の方は是非ご覧ください!
#番外編 オシャレの教科書

【毎日更新!厳選コーデ】
参考になると大好評のコーデ特集
▶厳選コーデ一覧

【バイヤーマガジン】
独自の視点でオシャレを語ります。
▶バイヤーマガジン バックナンバー

 

 

 

オシャレな人には共通点がある
これはオシャレの教科書

たった2つのルールを守るだけで周りの人から「オシャレだね」って言われます。

Dコレのデザインしてみませんか?
Webデザイナー募集中!

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?