グリーンのトップスに何色合わせる?メンズコーデの配色例を解説!

グリーン・緑の配色

こんにちは!Wakuwakulandスタッフのぐっさんです( ´◡` )

植物とか野菜など、身近で目に触れる機会が多いグリーン(緑)は、とても馴染みがありますよね。

でもコーデにグリーンを取り入れるとなると、「どんな色を合わせたらいいんだろう?」と思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「グリーントップスの色合わせ」ついてお話していこうと思います( ‘ω’)

モニター・デバイス、環境によって色が異なって見える場合がございますので、ご了承くださいm(._.)m

『グリーン』が持つ印象とは

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

グリーンは森や観葉植物だったり、その他にも野菜など自然のものを連想させ、リラックス感や安心感を与えてくれる色です。

「グリーン」の色のイメージ

  • リラックス感・安心感がある
    →自然の色なので「癒し」の心理的効果がある
  • 若々しさがある
    →緑と言えば新緑の色!フレッシュな印象を与えてくれる
     ※鮮やかな緑ほどイキイキと若々しく見える
  • 主張しすぎない
    →赤や黄に比べて色合いが控えめなので、派手過ぎない。

「安心感を与えたい」という方や「派手さはそんなになくてもいいけれど、元気よく見せたい」と思う方にオススメな色ですね!(*´∀`*)

オススメな『グリーン』のメンズコーデ

それではさっそく「グリーンの色合わせ」を色別に見ていきましょう( ‘ω’)

モノトーン
GREEN × MONOTONE

まずはいつも通りモノトーンの配色から。

有彩色のグリーンはモノトーンでも黒やグレーなど、合わせる色によってコーデのイメージの変化をつけることができます。

グリーン×ブラック

グリーンのパーカーと黒ma1のストリート風コーデ

重厚感があり男らしい印象を与えてくれる黒は、パーカーのグリーンをMA-1に合わせてカジュアルコーデに。

ボトムスは黒スキニーを合わせて黒の割合を多くすることで、グリーンが映える着こなしをつくることができますよ!( ´◡` )

グリーン×グレー

グレーのウールチェスターコートとグリーンニットのコーデ

グリーンのハイネックニットには、グレーのチェスターコートを合わせて大人っぽく着こなすのがオススメ!

派手過ぎず落ち着き過ぎず、品の良さがありながらも元気がよく安心感のあるコーデをつくることができます( ´◡` )

有彩色
GREEN × CHROMATIC COLOR

有彩色のグリーンに有彩色のアイテムを合わせる場合は、たくさんの色を取り入れ過ぎないようにするのがポイント。

基本は有彩色は2色、有彩色を3つ以上使用する場合は、同系色でまとめるようにすると色合わせで失敗しにくいですよ!

またグリーンの色の「鮮やかさ」や「明るさ」で合わせる色のポイントも変わってきます(ΦωΦ)

グリーン×ネイビー

ネイビーのダウンジャケットとグリーンニットの冬コーデ

暗めなグリーンのハイネックニットに、ベーシックカラーであるネイビーのダウンジャケットを合わせた冬コーデ。

グリーンとネイビー(ブルー系)は類似色なので、色同士の相性もバッチリ!(*´∀`*)

グリーンとネイビーを同じぐらいの暗めなトーンで合わせているので、白のロング丈Tシャツを挟んで裾からチラ見せしアクセントを加えると、色味にメリハリがつくのでパッと目を引きます。

ボリュームのあるダウンジャケットには、黒スキニーを合わせてシルエットを引き締めることで、大人っぽくかっこいいコーデに見せることができますよ!

グリーン×ブルー系

グリーンニットとネイビーのチェスターコートのコーデ

青みが強めなグリーンは、ブルー系のアウターやボトムスとも好相性!

ネイビーのコートに薄いブルーのデニムスキニーを合わせることで、コーデをスッキリと見せることができます。

上半身が暗い色味でまとまっているので、下半身を薄い色にすれば重たくなりがちな冬のコーデに軽やかさが出て、差別化することもできますよ!

ネイビー・グリーン・サックスと有彩色を3色使用していますが、ネイビーとサックスが同じブルー系で同系色で揃えてあることと、青みが強めなグリーンを合わせることで、有彩色を複数使用していても統一感のあるコーデにまとめることができます( ´◡` )

グリーン×ブラウン

グリーンのニットとブラウンのチェック柄パンツのコーデ

クルーネックのグリーンニットに白シャツを重ね着し、ダッフルコートを合わせてインテリ風なコーデに。さらに首元からチラリと覗く白シャツが清潔感を与えてくれます。

青みが強めなグリーンは黄みが少なめなブラウンを合わせるのがオススメ!統一感がでてコーデに馴染み、スッキリと見せることができます(*´ェ`*)

グリーンとブラウンはナチュラルさがあるので、コーデに「頑張っている感」を出したくない方にもオススメです。

グリーン×ベージュ

コーデ例 1)

グリーンニットにベージュのボトムスと黒ライダースを合わせたコーデ

青みが強めなグリーンは、ブラウンと同じく黄みが少なめなベージュを合わせると統一感が出るのでオススメ!

マットな質感のライダースを合わせれば、男らしさがありながらも落ち着きのある大人なカジュアルコーデをつくることができます( ‘ω’)

コーデ例 2)

グリーンのパーカーとベージュのボアジャケットのコーデ

グリーンとベージュは自然を感じさせるナチュラルなイメージを持つ配色ですが、鮮やかなグリーンに濃いベージュを合わせると、カジュアル感が強めなコーデに!

場合によっては野暮ったく見えてしまうこともありますが、ボア素材のアウターを使うなど素材やシルエットでトレンドを取り入れると、旬な着こなしに見せることができます( ´◡` )

ボアのモコモコとした素材感とグリーンとベージュの黄色っぽい色味が、温かみのあるコーデに見せてくれるので親近感もあります♪

グリーン×グリーン系

カーキのma1とグリーンニットのコーデ

こちらはカーキのMA-1にグリーンのニットを合わせた同系色コーデ。

同系色のグリーンでも「光沢感のあるカーキのMA-1」と「光沢感がない暗い色味のニット」なら、同系色同士の配色でも色味に違いが出るのでのっぺりして見えません!

ニットのインナーにブルーのストライプシャツを重ね着することで、大人っぽく品のあるカジュアルコーデに見せることができますよ(*´ェ`*)

 

※ ※ ※

いかがでしたか?

このブログが、グリーンの色合わせがわからないと思っていた方や、今からチャレンジしてみようと思っていた方など、皆さんがオシャレを楽しむための参考になりましたら、とても嬉しく思います(*´ェ`*)

今季は特にレディースでグリーンのアイテムをよく見かけますが、メンズでもブルーグリーンやダークグリーンはトレンドカラーとして注目度が集まっていますので、よろしければぜひファッションに取り入れてみてくださいね!( ´◡` )

最後に

〒 連載への自由なコメントお待ちしてます

連載メンバーにやってほしいこと聞きたいこと、なんでもOK!私たちは読者様とガチで向き合い、皆様のご要望にお応えします。

ぜひ週間連載改善のために1分で完了するアンケートにご協力ください_(._.)_

そして一緒に面白い連載コンテンツを作り上げていきましょう!

ぐっさん

最近寒い日が続きますが、皆さん体調を崩さないようにお気を付けくださいね!( ´◡` )