汚れた時に”すぐキレイ”にできる!ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法

ダウン洗濯方法

冬に入り、寒さが厳しくなってきたこの頃。ダウンジャケットが、日々のコーデに欠かせなくなっている方も多いのではないでしょうか?

ダウンジャケットは、「羽毛」が入っているので防寒性・保温性に優れ、冬の時期でもとても暖かく過ごせるアイテム

しかし、頻繁に着用していると気になってくるのが汚れやニオイですよね。

「ダウンジャケットはクリーニングに出さないといけないから、お金がかかるし気になった時にすぐ行けない」と思っている方も多いはず。

大丈夫です!ダウンジャケットでも、生地によっては自宅で洗濯できる物もあります!

そこで今回は、ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法について紹介していきたいと思います。

汚れやニオイが気になっている方必見ですよ(^^)/

ダウンジャケットによっては自宅で洗えるものがある!?

冒頭でもお話した通り、ダウンジャケットでも自宅で洗濯できる物があります。

その判断基準となるのが、洗濯絵表示

まずは洗濯絵表示を確認しよう!

洋服には洗濯絵表示といった、洋服を正しく取り扱うための方法が記載されています。

まずダウンジャケットを洗濯する前に、洗濯絵表示を確認することが重要です。

ダウンの洗濯絵表示

自宅で洗えるダウンジャケットは?

自宅で洗濯できるダウンジャケットは、下の洗濯絵表示が記載されている物になります。

出典:

上記の洗濯絵表示の意味

  • 右:液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる
  • 左:液温は40℃を限度とし、手洗いができる

2つのどちらかの洗濯絵表示が記載されていれば、洗濯機や手洗いで洗濯が可能ですよ!

自宅で洗ってはいけないダウンジャケットは?

ダウンジャケットでも、生地がレザーやウール素材でできている物は洗濯ができません。

レザー素材とウール素材

レザーなどの皮革素材を洗濯してしまうと、色落ちや型崩れ、ひび割れの原因に。

またウール素材は洗濯をしてしまうと、縮んでしまう可能性があります。

基本的に、レザーやウールなどの生地で出来ているダウンジャケットは、自宅での洗濯はできませんのでご注意ください。

ダウンジャケットの洗濯方法【手洗い編】

ダウンジャケットを手洗いで洗濯する方法を紹介します。

ダウンジャケットの手洗いの方法は以下の通り!

【ダウンジャケットを手洗いで洗濯する方法】

  1. 前処理を行う
  2. フードなどを取り、ファスナーはしっかりと閉める
  3. 洗濯機(桶)にぬるま湯をはり、洗剤を溶かす
  4. 優しく押し洗いをする
  5. 軽い脱水とすすぎを2~3回繰り返す
  6. 最後にタオルドライをする

手洗いで洗濯する際に用意するものがコチラ!

ダウンを手洗いする

【用意するもの】

  • 洗濯槽(桶)
  • 洗剤
  • 柔らかいスポンジ
  • 大きめのバスタオル

それではもっと詳しく、手洗いの洗濯方法について紹介していきます。

1.前処理を行う

まずは、汚れが目立つ「襟元」「袖口」「裾」を事前にキレイにしましょう!

水に洗濯液を薄めたもの用意して、汚れが気になる部分にたっぷりとつけ、軽く叩くように落とします。

ダウン前処理

2.フードなどを取り、ファスナーはしっかりと閉める

前処理が終わったら、フードなどをとり、ファスナーはしっかりと閉めましょう

ファスナーやフックなどの装飾は、洗濯をしている途中にダウンジャケットを傷つける恐れがあるので、必ず閉めてから洗濯をするようにしてください。

ダウンのファスナーを閉める
補足

フードが取れないダウンジャケットは、そのままで大丈夫です。

3.洗濯機(桶)にぬるま湯をはり、洗剤を溶かす

洗濯機(桶)にぬるま湯をはり、洗剤を溶かします。

桶の洗剤を溶かす

水の量は、ダウンジャケットが十分に浸るくらいの量でOK!!

4.優しく押し洗いをする

折り畳んだダウンジャケットをそっと押すように、水に浸し押し洗いをしていきます。

ダウン押し洗い
補足

力はこめず、優しくそっと押し洗いをするのがコツです。

5.軽い脱水とすすぎを2~3回繰り返す

押し洗いを2、3回繰り返したら、次はすすぎ!

洗濯液の入っていない新しい水に変えて、4の時と同じように押し洗いをしていきます。

ダウン濯ぎ

水が汚れてきたら、新しい水に替えてください。その時に軽く水気をきるのがポイントです。

6.最後のすすぎの前に、柔軟剤を溶かした水に浸す

最後のすすぎの前に、ダウンジャケットを柔軟剤を溶かした水に浸すのがポイント!

ダウンを浸す

中性洗剤でダウンジャケットを洗うと、油分がかなり落ちます。なので、柔軟剤を浸した水に浸すことで油分を補給し、ダウンのハリを保つのがオススメです。

注意点

柔軟剤は少量で大丈夫です。またダウン専用の洗剤を使用される方は、もともと油分が配合されているのでこの工程は無視してください。

7.最後にタオルドライをする

すすぎが十分にできたら、軽く水気をきり、タオルで挟むように水分を拭きとります。

タオルドライ

これでダウンジャケットを手洗いで洗濯する方法は終わりです♪

ダウンジャケットの洗濯方法【洗濯機編】

ダウンジャケットを手洗いではなく、洗濯機で洗濯したい方にはコチラの方法がオススメ!

【ダウンジャケットを洗濯機で洗濯する方法】

  1. 前処理をする
  2. フードなどを取り、ファスナーはしっかりと閉める
  3. ダウンジャケットを折りたたみ、洗濯ネットに入れる
  4. 洗濯機に水をため、洗剤を溶かす
  5. ダウンジャケットを洗濯機の水の中に沈める
  6. 洗濯機のスイッチをON
  7. 脱水は30秒で一旦停止、また再開を繰り返す

ダウンジャケットを洗濯機で洗濯する際に、用意する物がコチラ!

ダウンを洗濯機で洗う

【用意するもの】

  • 洗濯機
  • 洗剤
  • 柔らかいスポンジ
  • 洗濯ネット

それではもっと詳しく、洗濯機を使った洗濯方法について紹介していきます。

1.前処理をする

まずは手洗いの場合と同じで、ダウンジャケットの汚れが気になる部分を先にキレイに落としてしまいましょう。

洗剤を溶かした水をたっぷりとつけ、軽く叩くように汚れを落としていきます。

ダウン前処理

2.フードなどを取り、ファスナーはしっかりと閉める

前処理が終わったらフードを取り、ファスナーをしっかりと閉めます。

ダウンのファスナーを閉める

3.ダウンジャケットを折りたたみ、洗濯ネットに入れる

ダウンジャケットを折りたたみ、洗濯ネットに入れましょう

ダウンを洗濯ネットへ

ダウンジャケットを洗濯ネットに入れることで、生地を傷みにくくしてくれます。

4.洗濯機に水をため、洗剤を溶かす

洗濯機に水をためたら、洗剤を溶かします。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

一般的な洗濯方法は、洗濯物を入れた後に洗剤を入れると思いますが、そうするとダウンジャケットの1部分に洗剤が付きすぎてしまう可能性があるので避けるのがベストです。

5.ダウンジャケットを洗濯機の水の中に沈める

4ができたら、その中にダウンジャケットを沈めましょう。

ダウンジャケットは水に浮いてしまうため、必ず水に沈めるのがポイントです。

出典:

きちんとダウンジャケットが沈んだのを確認して、次の手順に移りましょう。

6.洗濯機のスイッチをON

ダウンジャケットを洗濯機に入れたら、スイッチを押すだけ!

「手洗い」「ドライ」モードのどちらかで、洗濯をしていきましょう。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

7.脱水は30秒で一旦停止、また再開を繰り返す

洗濯が終わったら、最後は脱水。

脱水をし過ぎてしまうとダウンが固まってしまうので、時間を細かく分けて脱水するのがオススメです。

脱水ができたら、ダウンジャケットを洗濯機で洗う方法は終了です!

ダウンジャケットを洗う時にオススメの洗剤とは?

ダウンジャケットを洗濯する際は、洗剤も重要!洗剤次第で、洗濯をした後の仕上がりが左右されることもあります。

特に注意してほしいのがアルカリ性の洗剤です。

ダウンジャケットに使用されているダウン(羽毛)はアルカリ性に弱く、油を溶かしてしまうため、ダウンジャケットを劣化させてしまう可能性があります。

そこでオススメしたいのが中性洗剤

中性洗剤とは?

中性洗剤とは、「酸性」と「アルカリ性」の中間の位置に立つ洗剤のことを言い、酸性やアルカリ性に比べて洗浄力が強くなく、素肌や肌への刺激が少ないのが特徴です。

中性洗剤

オススメの中性洗剤

ダウンジャケットを洗濯するのにオススメの中性洗剤はコチラ!

オシャレ着洗剤
商品の詳細

  • 左:花王 「エマール
  • 右:ライオン 「アクロン

全て最寄りのスーパーやホームセンター、ドラッグストアで購入できる物なので、簡単に手に入れることができオススメ!

また価格も比較的安価なのと、詰め替え用も販売されているので、お財布にも優しいですよ♪

洗い方を失敗してしまった時の対処法

ダウンジャケットを自宅で洗濯していて、失敗してしまうこともあるかもしれません。

そこで洗濯に失敗してしまった時の対処法を紹介していきます。

シミができてしまった場合

ダウンジャケットを洗濯してシミができた場合、洗い残しが原因としてあげられます。

染み込んだ汚れやキルティングの縫い目部分に集まった洗剤が、濯ぎの時にきちんと洗いきれていないと、シミとなって表れてしまうのです。

キルティングとは

意味:二枚の布の間に綿などを入れて縫い付けたもの。

対処法

そんなときの対処法は、再度洗いなおすことです。

ダウン押し洗い

シミは汚れが集まってできているだけなので、洗いなおせばキレイにシミを取ることができますよ!

ペッタンコ or 偏って固まってしまった場合

ダウンジャケットを干すときの失敗としてよくあるのが、ペッタンコになったり、偏った形で固まってしまうことですよね。

洗ったため固まったダウンをほぐさないで干し、ダウン同士がくっついたまま乾いたことが原因になります。

注意点

乾いた状態のままでほぐそうとすると、ダウンが割れてしまいもとには戻らなくなってしまうので、絶対やめましょう。

対処法

そんなときの対処法は、再度水に浸すこと

ダウンを浸す

ダウンジャケットを水に浸し、ダウンをほぐすことで、形が整いふっくらと仕上がりますよ♪

ふんわり仕上がるダウンジャケットの干し方

ダウンジャケットが洗濯できたら、次は干していきましょう!

「自宅で干す方法」「コインランドリーで乾かす方法」の2つに分けて紹介していきます。

自宅で干す方法

自宅でダウンジャケットを干す場合の手順は以下の通り!

  1. ハンガーにかけて、形を整える
  2. 風通しのよい、日陰に干す
  3. 1日後、上下に振ったり、手でたたく

1. ハンガーにかけて、形を整える

脱水が終わったダウンジャケットをハンガーにかけて、形を整えます。

ダウンハンガー

この時に使用するハンガーは、水を含んだダウンジャケットの重さに耐えられるように、しっかりとした太めのものにするのがオススメです。

注意点

必ずダウンジャケットの形を整えることを忘れないでください。この手順によって、ダウンジャケットの仕上がりに差がでますよ!

2.風通しのよい、日陰に干す

ダウンジャケットを干す場所は風通しの良い、日陰で干すのがオススメ!直射日光があたる場所で干すと、変色してしまう可能性があるので避けてくださいね。

ダウン干す

早く乾かすといった意味でも、風通しの良い日陰がベストですよ(^^)/

3.1日後、上下に振ったり、手でたたく

ダウンジャケットの仕上がりをもっと良くするために、干してから1日経過した頃にダウンジャケットを上下に振ったり、手で叩くのがオススメ

ダウン叩く

これを行うことで、さらにダウンジャケットをふんわりと仕上げることができますよ♪

コインランドリーで乾かす方法

 2~3日も乾くの待ってられない!と思う方は、コインランドリーを使った方法もオススメ!

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

コインランドリーを使う際は裏返して、設定を低温にして乾燥にかけるのがポイントです。

長い時間、乾燥にかけすぎないようにすると傷みにくいですよ!

気になるクリーニングの値段の相場とは?

今まで、ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法についてお話させていただきました。

しかし、ダウンジャケット自体お値段が掛かるので、自分で洗濯するのに不安を感じる方も多いと思います。

そんな方はやはりプロに頼る方が安心でき、仕上がりもいいのでオススメです。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

ダウンジャケットのクリーニング料金の相場

ダウンジャケットのクリーニング料金は、お店によってさまざま。

ダウンジャケット:1,500~7,000円

価格帯の差が激しいので、クリーニングに出す際は確認をしておくと良いかもしれません。

ダウンジャケットの保管方法

最後に紹介するのは、ダウンジャケットの保管方法!

ダウンジャケットはボリューム感のある物なので、収納するスペースが必要ですよね。

「圧縮袋」で保管する方もいるかもしれませんが、その方法はNG!!

せっかくダウンジャケットのふんわりとしたシルエットが台無しになってしまいます。

来年また同じ形で着用したいと思っているなら、正しい方法で保管しておくのがオススメです。

ダウンジャケットの保管の正しい方法

ダウンジャケットを保管する際は、ハンガーにかけて日光の当たらない場所に収納するのがポイント!

またダウンは虫がつきやすいので、防虫剤も忘れずに使いましょう。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

衣替えといえば、キレイに畳んで保管するといったイメージがあるかもしれませんが、ダウンジャケットの場合は、空気を含ませた状態で吊るして保管するのがオススメです。

収納スペース的にどうしても畳んで収納したい場合は

ダウンジャケットは、ハンガーに吊るして保管するのがオススメですが、スペース的にどうしても難しい方もいらっしゃるかと思います。

畳んで収納する場合は、不識布で出来ている袋に入れるのがオススメです。

注意点

ビニール袋はカビの原因になるため、避けてください。

また収納した袋には、必ず防虫剤を入れておきましょう!

 

いかがでしたか?

ダウンジャケットは、冬に大活躍する優秀なアウターです。

その分、他のアウターと比べて扱いに注意が必要なので、お手入れにお金がかかることも・・・。

どうせなら自分で洗濯したい時に、パパっとやってしまいたいと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

ダウン洗濯方法

オシャレな人には共通点がある
これはオシャレの教科書

たった2つのルールを守るだけで周りの人から「オシャレだね」って言われます。

Dコレのデザインしてみませんか?
Webデザイナー募集中!

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?