【メンズにオススメ】スタイルアップ出来ちゃう襟の立て方指南

襟を立てるのってダサいの?

襟を立ててる人、たまに見ますよね?

あれってカッコいいのかダサいのか。

ネットで検索しても人それぞれの意見があるようで、肯定派と否定派に分かれています。

でもそれって、こんなふうなやつのことですよね?

httpchaosbot.exblog.jp5605721
出典:

www.7fgam.xyz
出典:

blog.goo.ne.jp
出典:

こんなふうなやつ、ハッキリ言いますとダサいです。

ダサいというか、童顔の日本人には似合わないと言った方が正しいでしょうか。

こういうのは欧米人のように堀の深い顔の人がしてこそ似合うのです。

blog.goo.ne.jp
出典:

jooy.jp
出典:

 

我々日本人には日本人に適した襟の立て方があります。

今回はダサく見えない日本人にも似合う襟の立て方を紹介しましょう。

適した襟の立て方によって着こなしのレベルがグンっとアップするはずです。

 

日本人が襟を立てるならこんなふうに

まずこちらの写真をご覧ください。
普通に着用するとこんな感じ。
item_j442_sty

 

次にこちらの写真をご覧ください。
テクニックを知らない人が襟を立てるとこんなにも残念な感じに。
明らかにやり過ぎですよね。
httpplaza.rakuten.co.jp
出典:

 

そしてこちらをご覧ください。
これがサマになる襟の立て方です。
item_j484_sty

item_j484_sty

詳しく解説すると、普通に着用したやつとやり過ぎなやつの丁度真ん中ぐらいがベストです。

後ろを全部立てるのではなく、根本だけ立てて先端は曲げておく。

そして前は寝かせておく。

前から見るとこんな感じに仕上がります。

item_j484_sam

頭の後ろから肩のラインにかけて山のようなボリュームが生まれます。

これがやり過ぎない襟の立て方なのです。

シルエット作りはメリハリが大事!と僕もよく伝えていますが、やり過ぎとメリハリはまた話が違うのです。

 

そもそも何で襟を立てるの?

大事な説明をしていませんでしたね。

そもそも何で襟を立てるのか?

見た目です。

なーんだ、結局見た目だけか。

いいえ、僕が言う見た目とはただ単に「カッコよく見えるだけ」の見た目のことではありません。

視覚効果である効果を生み出す為の見た目です。

 

襟立てはスタイルアップ効果を生み出す

人の目線は首、手首、足首の3首と呼ばれる部分に集中しやすいです。

その特性を活かし3首にアクセントを付けたり、3首を露出させたりすることで様々な効果を生み出すことが出来ます。

今回の襟立ては首周りにボリュームをつけることで目線を上に集中させる効果があります。

つまり伸長効果、小顔効果を生み出しているのです。

2_azuma

 

3首のアクセントについてはこちらの記事をご覧ください

よく聞く「コーデにアクセント」のアクセントって何?正しいアクセント教えます。

オシャレに見えるアクセントの付け方【手首編】

オシャレに見えるアクセントの付け方【足首編】

オシャレに見えるアクセントの付け方【首編】

 

襟立の例を見てみよう

item_j484_7 item_j477_13 item_t497_sam item_j477_6

アイテムにより立ち具合の調整は若干必要ですが、見た目にしっかりと変化がついているのが分かるはずです。

無意識に首元に目線がいってしまいませんか?

そして何より服のシルエットさえもキレイになりますよね!

日本人に適した襟の立て方を実践し、さらにスタイルアップテクニックをもマスターしちゃいましょう。

 

 

_DSC0371

【タカシ】
Dコレのバイヤー、スタイリスト、モデルを担当。
その経験と「オシャレの教科書」を駆使し、お客様に合ったオシャレのサポートを行う。
「オシャレになると生活が豊かになる」を信条とする。

オシャレになれば、自分の考え方や環境をプラスに変えてくれる。
・自分に自信がつく
・男性からも女性からも好印象になる
・人前で話せるようになる
・明るく社交的になる
・生活が楽しくなる

そして生活が豊かになる。
そんな「オシャレになる方法」や「ファッション情報」を誰にでも分かりやすく独自の視点でお伝えしていきます。
▶Dコレバイヤーマガジン バックナンバー

あなたのコーディネートを診断!そしてアドバイスします!
「オシャレの法則」でつくったあなたのコーディネートを診断・評価・アドバイスします!
コーディネート診断はコチラからどうぞ♪
他の人の診断結果を見る

オシャレな人には共通点がある
これはオシャレの教科書

たった2つのルールを守るだけで周りの人から「オシャレだね」って言われます。

Dコレのデザインしてみませんか?
Webデザイナー募集中!

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?