麻(リネン)生地とは?

麻(リネン)とは?

rami1

出典:

麻はリネンとラミーと呼ばれる植物の茎からとれる繊維のことを言います。

麻は非常に古い繊維で人類が用いた最古の繊維とされています。

 

麻(リネン)の特徴

00055030

薄地で、肌にやさしく、さらりとした丈夫で吸湿性がある素材で、使うほどに風合いがよくなる。

 

吸水性に優れている。

コットンなどと比べると吸水・発散性に優れている。

夏には、汗をすばやく吸い取ってくれます。

すぐ乾く

リネンの繊維は仲が空洞になっているので、濡れてもすぐに乾きます。

生地が頑丈

水に濡れるとさらにその強さを増す性質があり、最も汚れが落ちやすく、洗濯にも強い素材です。

肌にやさしい

触れてもチクチクせず、つねにソフトです。

におい防止

防カビ性に優れ、雑菌の繁殖を抑制するため、臭いも抑えます。
繊維の中に空気が含まれていて、寒い季節には暖かく包み込んでくれます。

夏の素材とイメージしがちですが、リネンはオールシーズンに適した繊維なのです。

麻(リネン)のデメリットは?

やはり、デメリットといえば「シワ」になりやすいこと。

シワになりやすい。

自然素材は、長時間圧力がかかったり、水分を多く含むとしわになりやすい。

色落ちしやすい

麻素材は、染まりにくく、色落ちしやすいという特徴があります。

麻(リネン)のお手入れ方法?

ネットに入れて洗濯。

洗濯機の手洗い表示でネットに入れて洗っていただく事をおすすめします。

一番のオススメは手洗いです。

脱水も短めに

脱水もあまり長くしてしまうと繊維がよれて硬くなり、

嫌なシワになりますのでご注意下さい。

陰干しを

長時間日光に当てると感光して

色むらになる恐れがありますのでご注意下さい。

アイロンをする場合

半乾きの状態でアイロンをかけるとキレイにシワが取れるので、

気になる場合はアイロンで対応してください。

テカりを防ぎ、繊維を傷めないためにも必ず当て布をすることをオススメします。

 

リネン素材は、色移りする場合もあるので、色物とは分けて洗濯しましょう。

夏は快適おすすめ麻商品!

この夏、1番人気の「Dコレ」おすすめのリネンシャツを手に入れませんか?

▼リネンシャツ×ボーダー2点セット 3,980円

601_1_expand

 

オールシーズンの素材ですが、やはり夏に適した素材ですので夏にリネンを取り入れてみてください。

夏には最適な服ですので1枚持っておいても損ではないです。

written by…

yukihiro 【DコレSTAFF ユキヒロ】
久しぶりに映画を借りにいきました「マネー・ショート」「スティーブ・ジョブス」どちらもいい映画でした。気になる映画「AMY エイミー」は近場で京都までいかないと観れない・・・・