【初心者必見】差し色の取り入れ方と注意点を指南します

head

差し色の定義を知っていますか?

Dコレバイヤーのタカシです。

『差し色』。

雑誌やネットの記事でもよく見かけるキーワードでありますが。

そもそも『差し色』って具体的になんなのかご存知でしょうか?

知ってるようで知らない、出来てるようで出来てないかも。

今回は差し色の意味、取り入れ方、注意点を解説します。

しっかりと理解して活用しましょう!

 

差し色とは

コーディネートのベースやメインとなるカラーに対して、同色系ではないアクセントとなる色を取り入れること

言葉の使用例だと、

「ブラックを基本とした配色に差し色の赤スニーカーを使いました」

「ちょっと地味かなぁと感じるので小物で差し色を取り入れてみました」

「紺のスーツにピンクのストライプ柄のネクタイが差し色になってて素敵ね」

などです。

ファッション雑誌はもちろん、アパレル店員やインテリア系でもよく使うキーワードですよね。

無意識のうちに使っているケースもあるのでは?

 

差し色の取り入れ方

差し色とは前述した通り、あくまで全体のコーディネートのサブ的な役割です。

差し色=アクセント ですね。

ベースやメインに対して取り入れる面積は少なくするのが基本となります。

具体的にどの部分で取り入れるのがオススメか紹介します。

シューズで差し色

item_a550_9

左:モノトーン中心のコーデに有彩色の赤スニーカーで差し色

右:ダークトーン中心のコーデに紅一点ホワイトスニーカーで差し色

バッグで差し色

item_a677_9

左:ダークトーンに抑えたコーデに明るいキャメルのトートバッグで差し色

右:モノトーン中心のコーデにブラウンのクラッチバッグで差し色

被り物で差し色

item_a021_6

モノトーン中心のコーデにワインのニット帽で差し色を

巻物で差し色

item_a020_6

左:モノトーン中心のコーデにワインのマフラーで差し色

右:上級スタイルのグレー系ワントーンコーデにブルーのスヌードで差し色

スーツのネクタイも差し色の役割を果たしています。

アクセサリーで差し色

item_a829_3

レッドやブルーのアクセサリーで差し色を取り入れてもOK!

靴下で差し色

nagaoka4

ブラック系メインのコーデに白のソックスでメリハリのある差し色を
白でなくてもワインなど有彩色のソックスでもOKです!

重ね着で差し色

to1013

ダークトーン中心のコーデに白のタートルネックやシャツを重ね着して差し色に

インナーで差し色

06

ブラックトーンのコーデにひとクセある有彩色のインナーで差し色

 

差し色は別枠ではなく色合わせの中の1つとして考えよう

様々な差し色の取り入れ方を紹介しましたが、特別新しいことをする必要はありませんよね?

普段しているコーディネートの中での色合わせを少し考えるだけで実践できるはずです。

最後に注意点を1つ教えておきます。

『色合わせのルールからブレないこと!』

色合わせのルールは”モノトーンを含めた3色まで”が基本です。

面積の少ない差し色を取り入れるからといって、差し色を4色目として取り入れてしまっては途端に難しくなります

”モノトーン且つ差し色を取り入れた3色まで” を意識しましょう。

そうすれば差し色使いマスターはすぐそこですよ。

 

 

047c7cb403eeee34ebb8f94083097e7a-1【タカシ】

Dコレのバイヤー、スタイリスト、モデルを担当。
その経験と「オシャレの教科書」を駆使し、お客様に合ったオシャレのサポートを行う。
「オシャレになると生活が豊かになる」を信条とする。

▼ Dコレを友達追加してタカシにチャット相談▼
開始の際に「タカシ」とご指名ください!

「オシャレになる方法」教えます。
必要なのは「オシャレの法則」を知ることなのです。
オシャレになれば、自分の考え方や環境をプラスに変えてくれる。
そして生活までもがが豊かになる。
そんな「オシャレになる方法」や「ファッション情報」を誰にでも分かりやすく独自の視点でお伝えしていきます。
▶Dコレバイヤーマガジン バックナンバー

【あなたのコーディネート診断します】
「オシャレの法則」で構築したあなたのコーディネートを診断・評価・アドバイスします!
▶コーディネート診断はコチラからどうぞ♪
他の人の診断結果を見る

オシャレな人には共通点がある
これはオシャレの教科書

たった2つのルールを守るだけで周りの人から「オシャレだね」って言われます。

Dコレのデザインしてみませんか?
Webデザイナー募集中!

仕事は人生の3分の1の時間を占めます。だからこそ「仕事が楽しい」のは幸せな事。私達と一緒に楽しい仕事をしませんか?