【オシャレ講座】スキニーパンツのカッコいい着こなし方教えます

スキニーパンツをカッコよく着こなすテクニックとは

Wakuwakulandバイヤー兼モデルのタカシです。僕たちはオシャレの教科書®をもとに皆さまの悩みを解決し、オシャレになるお手伝いをしています。

メンズ・レディースファッションではスキニーパンツがなくてはならない存在となっています。
スキニーパンツでないと成立しないコーディネートだってありますもの。

最近だとワイドパンツ系が人気を集めていますが一過性のブームであるのは明確です。
しかし、定番の位置に落ち着いているスキニーパンツは全く動じないでしょう。

さて、今日はスキニーパンツのカッコいい穿きこなし方を紹介します。
ただスキニーパンツを穿いておけばいいというわけではありませんよ。

あるテクニックを使ってしっかりと穿きこなしてこそスキニーパンツの良さが出るのです!

 

パンツは裾の形で種類が変わる

裾の形である程度パンツの種類が決まってきます。
以下の写真を見ていきましょう。

ストレートパンツ

通常のパンツで、ゆったり系からスリム系まであります。

ブーツカット

膝下から裾に向かって広がっていくのが特徴。


出典:

ワイドパンツ

名前の通りワイドなシルエットが特徴。

ジョガーパンツ

裾が絞まったスポーティなパンツ。

これらの殆どは膝から上の形はほぼ同じと言えます。(ワイドは別)

膝から下の形が違うだけでこんなにも印象が変わってしまうんですね。

ということは、スキニーパンツも膝下のシルエットが重要ってことです。

 

スキニーの裾はどうすればカッコよくなる?

まず、下の写真のを見比べてみましょう。

パンツは同じ形で色違いのものを穿いています。
どちらの方がスキニーパンツらしいスッキリとしたシルエットに見ますか?

もちろん右の方がスッキリ見えますよね。
色以外に違うのは、裾部分のクッションが多いか少ないかだけ。

たったこれだけの違いでス同じスキニーパンツでも印象がガラッと変わってしまうのです。

 

ロールアップでカッコよくなる!

裾の印象でスキニーパンツはカッコよくもダサくも見えてしまいます。

しっかりとしたロールアップでクッションを無くしましょう!

また、ロールアップで素肌を露出することで程よい軽さ・ラフな印象が生まれます。

スキニーパンツを穿くならロールアップは必須のテクニックだと覚えておくべき。

メリハリのあるIライン・Yラインを構築するのにも必須です!

 

ロールアップのやり方

コチラの動画でロールアップのやり方について詳しく解説しています。
参考にしてみてくださいね。

 


黒スキニー 3980円

 

 


Dcollectiomバイヤー タカシ

【私達の”思い”】
Dコレがお客様に提供する価値とは?
初見の方は是非ご覧ください!
#番外編 オシャレの教科書

【WEARやってます】
フォローお願いします!!
コメント頂ければ必ず返信します^^

【バイヤーマガジン】
独自の視点でオシャレを語ります。
平日毎日更新!

▶バイヤーマガジン バックナンバー